一覧

「日本駆け込み寺・兵庫サポートセンター」天満さんご夫婦情報です

2015月07月07日

「日本駆け込み寺・兵庫サポートセンター」を運営してくださっている天満さんご夫婦情報です。
何とぞ宜しくお願いいたします。

tenmasan

  ※左:天満 康志  右:天満 美穂 (敬称略)

   プロフィール

天満 美穂(てんま みほ)

S48年兵庫県三木市に生まれる。
地元小中高校を卒業し、工場で働きながら夜間の短大を卒業後、
平成6年度より、児童養護施設に5年間勤務、現代社会が必要とする施設養護と、
きめ細やかな個別対応の狭間で揺れる。

そして、施設を卒業後の子どもたちのアフタフォローの希薄さを強く感じ離職。
その間、約4年間高齢福祉(デイサービスセンター指導員)に携わったのち、
現在個人開業医にて医療事務としてパート勤務。

小、中、高校生3人の娘の子育ての傍ら、ご縁から平成24年4月、
日本駆け込み寺・玄代表に思いの丈を相談し、一念発起。
同相談員連絡講座を夫とともに新宿歌舞伎町に通い受講。

その間、各娘のPTA本部役員、登下校を見守る三木市子ども安全安心人の目垣根隊5年目、
地元自治会人権教育指導員を継続しつつ、平成25年10月より「日本駆け込み寺・兵庫サポートセンター」兼
「自立生活支援センター 歩」を立ち上げる。

平成25年5月同団体がNPO法人となり、現在、代表理事を務めよろず相談、
子育て、学習支援に心血を注いでいる。

 

天満 康志(てんま やすし)

昭和45年鳥取県米子市出身。
地元高校卒業後、日本福祉大学で福祉を学び、社会福祉士取得。卒業後、兵庫県加東市
(旧加東郡東条町)にて、8,000人弱の小さな町のソーシャルワーカーとして
住民に育てられながら勤務。
平成12年介護保険導入とともに、ケアマネージャ業務も兼務。

その間、認知症患者介護者の集い、障がい類型や年齢にとらわれない閉じこもり者の
居場所づくりとして「木工ボランティアクラブ」に約10年間携わり、筆舌に尽くせない、
当事者、介護者の思いを、アドボケート、エンパワメントしたくなり、
ここでも住民に育てられる。

平成18年加東郡3町合併を機に昨年度まで、生活保護CWとなり、生活困窮者福祉に携わる機会を
与えられ、事例を通して、「命」「生」の尊さを実感。
本年度より、生活困窮者自立支援制度施行を機に自立相談支援事業の主任相談員をさせて頂く
機会を与えられる。

傍ら自宅ではに妻と共に「日本駆け込み寺・兵庫サポートセンター」相談員、
「自立生活支援センター 歩」スタッフとして活動している。

 

「自立生活支援センター 歩」ウェブサイトはこちらからどうぞ。

「自立生活支援センター 歩」設立趣意書(PDF)はこちらです。

「日本駆け込み寺・連絡所」のページはこちらからどうぞ。

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

日本駆け込み寺のウェブサイトへようこそ!

ご希望の箇所をクリックしてくださいませ。

ご相談をしたい方
玄秀盛を知りたい方
玄秀盛に会いたい方
ボランティアしたい方
日本駆け込み寺について知りたい方
日頃の活動を知りたい方
お問い合わせをしたい方(取材申込を含む)
賛助会員になりたい方
ネットからご寄付をしたい方
その他の方法でご寄付をしたい方
仙台支部について知りたい方

>前の記事

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

オンラインでの寄付の窓口です。何とぞよろしくお願いいたします。
下のマークをクリックしてみてください。

 

        

 

donation  Tポイントカードからの寄付もOK。

 

 

 

????? 200x40_charge 200x40_credit
head_logo