活動内容を知りたい

全国へ、全世界へと広げたい駆け込み寺の輪

ドラマ『愛・命 ~新宿歌舞伎町駆け込み寺~』のポスター

2011月12月07日

ドラマ『愛・命 ~新宿歌舞伎町駆け込み寺~』のポスター

12月17日(土)21時、テレビ朝日系で放送されるドラマ『愛・命 ~新宿歌舞伎町駆け込み寺~』。その宣伝用ポスターがテレビ朝日さんから届きました。

ポスターのサイズは縦103cm×横73cm。デザインは2種類。日本駆け込み寺の正面ガラスに並べて貼りました。

その前を通行する人々のほとんどがポスターに目を奪われています。立ち止まって、しばらく眺めている人もいます。

ポスターのメインは、渡辺謙さんと永作博美さん。左のポスターに小さく載っているのは、南果歩さん、伊武雅刀さん、市毛良枝さん、緒形直人さん、かたせ梨乃さん、風吹ジュンさんです。

放送日まで、あと10日となりました。2011年を「愛」と「命」で締めくくるドラマ『愛・命 ~新宿歌舞伎町駆け込み寺~』。どうぞご期待ください!

『愛・命 ~新宿歌舞伎町駆け込み寺~』
12月17日(土)21時、テレビ朝日系で放送。
出演は渡辺謙、永作博美、南果歩ほか。


ドラマスペシャル『愛・命 ~新宿歌舞伎町駆け込み寺~』

 

募金箱

2011月11月30日

 

歌舞伎町のムエタイジム[新宿歌舞伎町 深夜営業ジム]代表・RIKIYAさんが募金箱を持ってきてくださいました。

この日の箱の中は3,806円。ジムのお客さまが善意で入れてくださった寄付です。こころより感謝し、ひと助けのために使わせていただきます。


新宿歌舞伎町 深夜営業ジム情報はこちらをクリック

 

日本駆け込み寺では支援者の方に募金箱を置いてもらっています。お店や事務所に募金箱を設置してくださる方を緊急募集中です。

東京23区内であれば、ボランティアスタッフが月に1度、募金箱を回収しに参ります。

お気軽にお声をおかけくださいませ。

 

電話番号 03-5291-5720 まで

12月17日(土)テレビ朝日系にて玄代表をモデルにしたドラマが放映されます

2011月11月25日

 

12月17日(土)21時、玄秀盛の半生と駆け込み寺の活動をモデルにしたドラマ『愛・命 ~新宿歌舞伎町駆け込み寺~』がテレビ朝日系で放送されます。主演は、国際派俳優の渡辺謙氏。以前、テレビ出演した玄秀盛の言葉やその生きざまに共鳴した渡辺氏が、自ら企画・主演したドラマです。

「このドラマは『叫び』だと思っています。何処にもぶつけられない悲しみを、怒りを、そして喜びを叫びたいと思っています」と渡辺氏。

撮影は10月下旬に終了。実はその時点では、渡辺氏と玄はまだ一度も対面していませんでした。つまり渡辺氏は、玄と会わずに平山秀盛(玄秀盛の日本名)を演じきったのです。いったいどのようなキャラクターになっているのでしょうか。それも見どころのひとつです。

そして、11月某日。渡辺氏が日本駆け込み寺にいらっしゃいました。ドラマのプロモーションを兼ねて、渡辺氏と玄との対談が行なわれました。このときの模様は、ドラマ放送当日の夕方、15分の枠で2回放送される予定です。また、「サンケイスポーツ」で大きく取り上げられました。

『愛・命 ~新宿歌舞伎町駆け込み寺~』、ぜひご覧ください!

 

『愛・命 ~新宿歌舞伎町駆け込み寺~』
12月17日(土)21時、テレビ朝日系で放送。
出演は渡辺謙、永作博美ほか。

 

ドマスペシャル『愛・命 ~新宿歌舞伎町駆け込み寺~』

渡辺謙氏と玄秀盛との対談の模様が「サンケイスポーツ」で記事になりました。
SANSPO.COM

11/9(水)はセミナー第3回・12/14(水)は第4回

2011月11月13日

一般社団法人日本駆け込み寺は、日本財団と共催で、「絆」について考えるセミナー(全4回)を開催しております。
震災復興が続くなか、身近な人と手を取り合って生きていくことの大切さを改めて実感する機会が増えています。戦後最大とも言われる国難に直面した今だからこそ、人の「絆」の重要性を再確認し、「本当のやさしさ」とは何なのかを考えたいと思います。

11月9日(水)に開催する第3回は、「日本は復活を許されないのか」というテーマで、自己破産、受刑など挫折をした人が社会復帰できる社会をどう作り上げていけばいいのか、を中心としたセミナーとなります。

【第3回「日本は復活を許されないのか」】

日時:2011年11月9日(水) 18時30分~20時

場所:日本財団ビル 1階バウルーム(東京都港区赤坂1-2-2)

定員:250名・入場無料

12/14(水)の第4回のテーマは「生きろ~生命(いのち)の育み」。自分の五感を磨くことによって他人への思いやりを育て、自他ともに生命を大切にするにはどうしたらいいかを討論します。

【第4回「生きろ~生命(いのち)の育み~」】

日時:2011年12月14日(水) 18時30分~20時

場所:日本財団ビル 1階バウルーム(東京都港区赤坂1-2-2)

定員:250名・入場無料

参加申し込み:日本駆け込み寺小林まで

FAX(03-5272-2401)またはE-MAIL(info@nippon-kakekomidera.jp)で、

氏名(ふりがな)・性別・住所・電話番号・メールアドレス・ご職業・参加希望日を明記のうえお送りください。

※定員になり次第締め切らせていただきます。

日本駆け込み寺では、これからも様々の活動やイベントを計画しており、随時ご案内させていただきたく存じます。どうぞ今後ともご支援いただきますよう、お願い申し上げます。

10/12(水)はセミナー(第二回)でした。

2011月11月13日

10/12(水)18:30~20:00 日本財団と日本駆け込み寺共催のセミナーが行われました。
今回は『あなたにとって絆とは』という題名のもと、学生ボランティアの質問に対して玄秀盛(日本駆け込み寺代表)が答えるという形式で進行しました。

玄秀盛・一般社団法人日本駆け込み寺代表/

今回は家族問題を中心に今までの相談事例と解決策を話す

会場は日本財団1F
お客様とスタッフ総勢130人以上が固唾を呑んでDVの事例を聞きました

学生ボランティアがお客様の案内をしてくれます

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※次回は11/9(水)18:30~20:00 /会場:日本財団1F
「日本は復活を許されないのか」

お申込みは03-5291-5720 (担当:小林)まで

賛助会員へのお願い

2011月11月12日

皆様

多くの方のご支援を得て、NPO法人新宿歌舞伎町駆け込み寺(旧称:日本ソーシャル・マイノリティ協会 新宿救護センター)は、これまで9年の間、2万人弱の人々が苦悩から立ち直るお手伝いをしてまいりました。しかし、その過程で、北海道や九州など遠方からお越しいただく方が多数にのぼり、歌舞伎町だけで活動をしている限界も感じておりました。つまり、他の場所でも活動をすれば、もっと多くの人の手助けができるのに、という焦燥感をもっていました。

そこで、活動の全国展開と新宿歌舞伎町駆け込み寺の24時間365日活動を目指すことし、日本財団の協力を得て、組織と財政基盤強化を目的に一般社団法人を設立いたしました。よって、2011年8月31日付けで、NPO法人新宿歌舞伎町駆け込み寺は活動を休止し、一般社団法人日本駆け込み寺で、①24時間365日の相談、②全国の繁華街での駆け込み寺活動開始を目指します。

そのためには、今まで以上に多くの方々からのご支援を必要とております。ついては、一人でも多くの方に、日本駆け込み寺の活動をお伝えいただくと同時に、ご賛同いただき賛助会員として継続的にご支援を賜りますよう、お願い申し上げます。

一般社団法人 日本駆け込み寺
代表 玄秀盛

“賛助会員には、個人会員、学生会員、法人会員があります。

① 個人 入会金2千円 年会費1万2千円(一口)

② 学生 入会金1千円 年会費6千円(一口)

③ 法人 入会金2万円 年会費12万円(一口)

賛助会員になると、以下の特典があります。

① メールマガジンの受信

② 各種イベントへの優待参加

③ 特別報告会への参加(10口以上の会員のみ)

申込みフォームはこのすぐ下をクリックするとダウンロードできます。

フォーム内の<会費お振込み先>に会費をお振込みいただき、

必要事項を記入して03-5272-2401までFAXくださいませ。

賛助会員申込書(個人・学生)はここをクリック

賛助会員申込書(法人)はここをクリック

<賛助会員についてのお問い合わせ先>

 一般社団法人日本駆け込み寺 事務局 瀧 道子 (たき みちこ)

 〒160-0021 東京都新宿区歌舞伎町2-42-3 林ビル1F

 電話:03-5291-5720 ファックス:03-5272-2401

 Eメール:info@nippon-kakekomidera.jp

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

日本駆け込み寺のウェブサイトへようこそ!

ご希望の箇所をクリックしてくださいませ。

ご相談をしたい方
玄秀盛を知りたい方
玄秀盛に会いたい方
ボランティアしたい方
日本駆け込み寺について知りたい方
日頃の活動を知りたい方
お問い合わせをしたい方(取材申込を含む)
賛助会員になりたい方
ネットからご寄付をしたい方
その他の方法でご寄付をしたい方
仙台支部について知りたい方

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

オンラインでの寄付の窓口です。何とぞよろしくお願いいたします。
下のマークをクリックしてみてください。

 

        

 

donation  Tポイントカードからの寄付もOK。

 

 

 

????? 200x40_charge 200x40_credit
head_logo

okanewomawasou