家族とは~1月の相談事例~

 

1月の相談事例

1月は、コロナ禍でもあり、お正月には普段より家族が家で過ごす時間が長かった為か、
家族に対する不満のようなご相談が多かったです。

・同居する一人息子(20代)が自立しない。
自分(母)が全てやらないといけない。日々、体調も悪くなりこれ以上やれない。

・同居する一人息子(30代)が結婚したいと言うが、相手の女性(30代)は仕事が続かない人。
結婚を反対してから、家族間がギクシャクしている。

・同居する一人息子(30代)が、怪我をしてしまい、心配ばかりしていたら、
主人が、本人に任せろ。自分の判断で病院に行かせろ。と言う。
子供が小さい頃は、病気になると、すぐに車で病院に連れて行ってくれていたのに。
主人の態度が、今までと違う。何故だろう。急に冷たい態度でショックを受けている。

上記のような、家族間でのご相談ではないですが、
・知人から、詐欺にあっていると相談され、代わりに自分が、いろいろと調べたり、弁護士や警察へ
相談に行っていたが、知人がその詐欺師に言いくるめられ、もう何もしなくて大丈夫だと言い始めた。
ここまでいろいろやってあげてきたのに。絶対に騙されているから、
このまま終わりにはしない方がいいと思う。気持ちが収まらない。

「可愛い子には旅をさせよ」
子供の為、人の為に。という気持ちはとても大切だと思いますが、途中から自分のため。になって行かないように。相手の方が、貴重な経験ができる機会を奪わないように見守れるといいですね。

その他のご相談で気になったのが、最近ニュースでも多い「ストーカー被害」
・彼女が元カレから、ストーカーされている。
すでに警察にも相談しているが、一向に被害は変わらない。
など、被害を受けている方からの相談ももちろんありますが、
駆け込み寺では、
・以前ストーカーで捕まった。なぜ自分が逮捕されたかわからない。
・今現在ストーカー的行為がやめられない。
など、ストーカーをしている本人からの相談もあります。
駆け込み寺は、どの立場の人からも相談をいただきます。
それにより、事件を未然に防げる場合もあります。
一人で抱え込まず、まずは一度 お電話してみてください。

タイトルとURLをコピーしました