さまざまな相談~10月の相談事例

10月の相談事例

10月は、いろいろな相談がありました。
最近、同じ様な内容で気になる相談がありました。

・旦那との子供がほしく、妊活中や、不妊治療をしている方が、
マッチングアプリ等を使って、出会いを求める。
不倫関係になり、その後妊娠し、不倫相手の子供か、旦那の子供かがわからない。
子供が少しも主人に似ていないのでだんだん不安になってきた。
こういった相談が複数あります。全く別の方との相談ですが、
不倫相手だったという男性からもご相談がきます。
不倫関係だった男性は、妊娠したと告げられてから、一切連絡が取れなくなった。
もしも自分の子供だとしたら、育てていきたい。責任を取りたい。
最近になって急に増えてきた話ではないと思いますが、あまりにも
似ている相談が続きました。

ご相談
・個人や集団から嫌がらせを受けている。電磁波での嫌がらせ、という相談も多いです。
・水商売トラブルとして、キャバクラや風俗の、お店側の雇用契約の内容がおかしい。
このままでは体も壊し、仕事も普通の生活もできなくなる。
・娘のホスト通いが復活してきた。
・コロナの影響で、今までの仕事がなくなった。新しい仕事も見つからない。
・障害があり、家にヘルパーさんがきてくれているが、来るたびに物がなくなる。
・コロナに感染し、仕事を1ヶ月休んだ。給料がなく生活が厳しい。
・同棲し始めた途端に、彼が急変。モラハラがひどい。お金もなく、遠くに引っ越した為
自力では出ていけない。
・息子が不祥事を起こした。
・退職した夫が趣味で作った物にシンナーを使うのが辛い。
・子供が借金をしたが、これから取り立てが来る。夫の趣味が嫌だ。
など、今月も多数のご相談がありました。

タイトルとURLをコピーしました