さまざまな相談~9月の相談事例

9月の相談事例

9月は、さまざまな内容の相談がありました。

40代 男性
以前、付き合っていた彼女が忘れられない。
気が付いたら、彼女や彼女の職場に、メールや電話を沢山していた。
その職場の人にも、元彼女にも、これ以上になると
ストーカーだ。と言われた。
自分でも怖くなり、精神科へ行く予定。
彼女とよりを戻せますでしょうか?
今の状態で彼女に連絡するのは逆効果。
まずは病院に行き、現状を確認してからまた考えましょう。

30代 男性
行く宛てがない。逃げ場がない。
生活保護を受けていて、現在は宿泊施設で生活している。
その宿泊施設で、怒鳴られたりすると、怖くなって逃げ出したくなる。
以前は違う宿泊施設に入っていたが、そこでも怒鳴られるのが嫌で、
今の施設を紹介してもらった。
今すぐにでも施設を出たいが、なかなか見つからない。
家族から虐待されていた為、実家には戻れない。
せめて1~2週間でもシェルターなどに入りたい。
駆け込み寺は、女性専用のシェルターなので入れないが、
相談にのってもらえそうな行政の相談窓口をご案内しました。
住む場所を変えていくだけでは根本的な解決にはならないので、
少しづつでも彼のような方が自立していけるようなサポートが必要だと思います。

(その他)離婚したい・職場でイジメられている・更生施設から追い出された・
ネット上でのトラブル・家庭内暴力・いやがらせを受けている・
など、今月は、本当にさまざまな相談がおおかったです。

性別、年齢、国、宗教や、被害者、加害者を問わず、DV家庭内暴力、ひきこもり、虐待、多重債務、ストーカー、自殺など
悩みごとや困りごとがありましたら
公益社団法人日本駆け込み寺へご相談下さい

新宿歌舞伎町駆け込み寺:03-5291-5720  関西方面のご相談:080-4059-3626
相談受付時間 11:00-17:00

事例・相談レポート
公益社団法人 日本駆け込み寺
タイトルとURLをコピーしました