新しい人生~3月の相談事例

2020年3月相談事例

3月は、すでにコロナの影響を受けていましたが、コロナに対しての直接的な悩みはほとんどなく、
相談内容も日常の相談に思えますが、やはり不安が不安を呼んでいるのだと思います。

20代 女性
中学に入ってすぐ、母親の再婚相手から性的暴行をうけた。しばらくして、母親がその事実を知った。
助けてくれるどころか、娘の自分が旦那を寝取ったと思い込み、二人が顔を合わせないように
監視され、自由が奪われた。
社会人になっても変わらず監視され続け、仕事が休みの日も一人での外出は許されない。逆らえば暴力。
怒らせると何度も無言電話をかけてくる。給料も管理されている。おこずかいとして1~2万円をもらう生活。
携帯のGPSを外したい。もう家を出たいという思いが強くなり、ツイッターで知り合った方に連れられて、
駆け込み寺へ。
すぐに入れるシェルターを探し、無事保護してもらえました。
これから、今まで奪われていた自分自身の生活と心を早く取り戻してほしいです。

50代 女性
昔、風俗で働いていた事を何故か知り合いが知っていた。
いつか、自分の子供にバラされないか心配。
知り合いからでなくても、ネット上の写真や看板などで見られてしまう可能性はあります。
心配するばかりでなく、もしも子供に知られてしまった時に、どんな風に子供と向き合うのかを、これからよく考えて いってほしいと思います。

性別、年齢、国、宗教や、被害者、加害者を問わず、DV家庭内暴力、ひきこもり、虐待、多重債務、ストーカー、自殺など
悩みごとや困りごとがありましたら
公益社団法人日本駆け込み寺へご相談下さい

新宿歌舞伎町駆け込み寺:03-5291-5720  関西方面のご相談:080-4059-3626
相談受付時間 11:00-17:00

事例・相談レポート
公益社団法人 日本駆け込み寺
タイトルとURLをコピーしました