罪の償い~2月の相談事例

2月の相談事例

2月の相談で目立ったのは、悪いことをしたのがバレた、これからバレそう、過去に逮捕された、
など、不安な思いに押し潰されそうになり、相談されてきた方が多い月でした。
これから春になり転勤や新しい生活が始まっていく中での不安かもしれません。

40代 男性
5年前に一度逮捕された。
事件の事は、後悔してもしきれない。
事件以来人に会いたくないので、ほとんど家から出れない生活。
たった一日の数分の間で人生が大きく変わってしまった。そして、いつまでもそこから抜け出せずにいます。
犯罪を犯すと今のネット社会では一生残ってしまう怖さ、
そして、新しい一歩を踏み出そうとしても、全てが不安になりまた自分の殻に閉じこもる繰り返し。
そんな中でも前を向いて、生き抜いていってほしい。気持ちを立て直して頑張ってほしい。

30代 女性
会社で着服。発覚する前に転勤の話がきて、絶対に会社にバレてしまう。どうしよう。。。
先に、会社に言った方ががいい。
「人生、生き様返し。見掛け倒しの人生よりも、捨ててこそ生きる道もあり。」
深く伝わっていたようです。

性別、年齢、国、宗教や、被害者、加害者を問わず、DV家庭内暴力、ひきこもり、虐待、多重債務、ストーカー、自殺など
悩みごとや困りごとがありましたら
公益社団法人日本駆け込み寺へご相談下さい

新宿歌舞伎町駆け込み寺:03-5291-5720  関西方面のご相談:080-4059-3626
相談受付時間 11:00-17:00

事例・相談レポート
公益社団法人 日本駆け込み寺
タイトルとURLをコピーしました