活動内容を知りたい

全国へ、全世界へと広げたい駆け込み寺の輪

ウェブマガジンのサンプルページをご紹介します。

2012月01月20日

賛助会員『倶楽部GEN』様特典のウェブマガジンの一部をサンプルとしてご紹介します。

以下は『玄理玄則』というページの一例。2011年12月05日に発行したものです。

賛助会員になればこんなメッセージが玄さんから届きます。

 

玄理玄則 ~玄秀盛からの魂のメッセージ~

 相談とは、生モノであって、生きモノでもある

相談者の話は、生モノ。

腐って悪臭を放つ前に、すぐに料理しなあかん。

だから、いま相談されたことには、いますぐ対応する。

そして、相談内容は、生きモノや。

生きているから、動きまわる。

成長して大きくなってしまうこともあるんや。

だから、取り扱いに注意しなあかん。

相談とは、生モノであって、生きモノでもある。

そういう複眼的な視点で相談者と向かい合うことが大事なんや。

人間は生物やろ。

その相談を受けるときには、

生モノを取り扱うときのように素早く、

生きモノを取り扱うときのように、慎重に対応する。

そうすれば、どんな問題であっても、

必ず解決策が見えてくるんや。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

≪「玄理玄則」とは?≫

日々、人間は進化・成長しています。家庭、学校、職場など、様々な環境や出来事から学び、
その人なりの理屈、その人ならではの原理原則が生まれます。

玄秀盛の原理原則を「玄理玄則」と呼びます。
玄の人生の指針や生きる姿勢、駆け込み寺スタッフに聞かせる言葉などをまとめたものです。
玄は普段の会話の中でもユニークな言葉遊びを聞かせてくれますが、「玄理玄則」にもその言葉遊びが多用され、
玄にしか語れない「深いメッセージ」となっています。


「玄理玄則」は、玄自身が書いたものの他に、ライターが聞き書きしたもの、
駆け込み寺スタッフがメモしたものなどがあります。

今回の「相談とは、生モノであって、生きモノでもある」は、
スタッフ全員で食事をしているときに玄が突然語り始めたので、
スタッフが急いでペーパーナプキンに書きとめ、それを原稿にしました。
何かを感じていただけましたら幸いです。

著書に書かれた言葉、講演やテレビ出演のときに語られた言葉のみでは、
玄秀盛の魅力を語りつくすことができません。
「日本駆け込み寺通信」 では、
駆け込み寺の日常業務の中で何気なく語られた「玄理玄則」も、いち早く皆様にお届けいたします。

会員申し込みはこちらをクリックください。

1/18 夜まわり隊の活動レポート(3まわり目)

2012月01月19日

夜まわり中、駆け込み寺を支援してくださるお店に立ち寄り、ご挨拶。
店内には駆け込み寺の募金箱が置かれています。

 

日本駆け込み寺のボランティア・スタッフは、毎週水曜日、新宿歌舞伎町で夜まわり(防犯活動など) を行なっています。

1月18日(水)の夜まわりの参加者は、7人。(男性5人、女性2人)

街の人々から、「あ、駆け込み寺知ってる! テレビで見たことある!」などの声をいただきながら、夜の繁華街を巡回しました。

皆さんもこのボランティアに参加しませんか? 年齢・性別は問いません。オレンジ色のスタッフジャンパーを着て、ぜひ一緒に活動しましょう。

 

夜まわり後はミーティング。夜まわり中に気づいたことや反省点などをテーマに、意見交換が活発に行なわれました。

 

≪夜まわり 1月~2月のスケジュール≫

1月25日(水)19時30分~21時
2月1日(水)19時30分~21時
2月8日(水)19時30分~21時
2月15日(水)19時30分~21時
2月22日(水)19時30分~21時

参加希望&お問い合わせは、日本駆け込み寺 03-5291-5720 まで。

 

これまでの歩み

2012月01月18日

『これまでの歩み』ページを更新しました。

当ウェブサイトのトップページから『活動内容を知りたい』ページに入り、
右側サイドバーの『これまでの歩み』をクリックしてください。

 

あるいはこちらをクリックくださいませ。『これまでの歩み』